この記事をシェアする?

B!
もしくは、僕についての情報を読む?
むだそくんについて

「サイコパス社長に殺される気持ち」を味わえる求人サイトを作りました

「人前では暴力を振るわない会社Luxy」という求人サイトを作りました。サイコパス社長に刺される気持ちを味わうことができます。

面白いもの

Every little thing「またあした」がフェラチオの歌に聞こえてしまう呪い

Every little thingの名曲「またあした」を聞く度に「これフェラチオの歌だよなあ」と思ってしまうのでその話です。あと、スピッツの曲にはセックスの隠喩がいっぱいあるという話も。

面白いもの

精神安定剤としてのオンラインサロンの話。あるいは普遍的なサービス業の話

「オンラインサロン」は「次世代の労働だ!」と言われることが多いのですが、実際にはそんなことはないですよ、ただの普遍的なサービス業であり、精神安定剤的な役割ですよ、という話です。

仕事論

「売れなくてもいい」は罠-無名バンドよりミスチルの方が良い歌を歌うから。

「お金を稼ぐよりも良いものを作るほうが大事だから!」みたいなことを言ってるヤツ、大抵「良いもの」も作れてないよ、という話を書きました。ミスチルの方が弱小バンドマンよりいい歌うたってます。

仕事論

「顔を立てる」技術-大人になると「山口六平太」が面白くなるという話

漫画「山口六平太」は「顔を立てる」という大人の対応がいっぱい出てきて素晴らしいです。嫌なヤツを打ちのめすのではなく、顔を立てながら丸く収める。これこそが大人の対応。面白い漫画です。

漫画

「異業種交流会人狼」をやったら全員怪しかった話-その投資家は、本物か。

「異業種交流会人狼」という世界初のあそびをやりました。参加者の一部が職業を偽る人狼。そしたら、ウソついてない人まで全員怪しかったです。

新しい遊び

「尊敬できない大人もいる」と教えてくれたのは、引き算の授業だった。

小学校の算数、引き算の授業で、担任の教師が驚きの行動を取りました。それを見て、「あ、尊敬できない大人もいるんだな」と悟った話です。勉強になった。

エッセイ

結婚パーティで思い出す。10代の僕は「浮かない」ように生きていた。

学生時代の先輩の結婚パーティに出席してきました。そこで「浮かない」ことを一番の美徳としている学生時代の知人に会って、10代の僕もそうやって生きていたことを思い出しました。

エッセイ

狂気の沙汰ほど、面白い-プロの企画屋が選ぶ、狂った企画5選

イチオシの狂った企画を5個選びました。僕は普段プロの企画屋をやっているのですが、この5個は面白すぎて嫉妬してしまいました。狂気の沙汰ほど、面白い。

面白いもの

「性格悪い人限定飲み会」の民度が低すぎて司会がパニックになった話

「悪口言ったら即退場!性格悪い人限定飲み会」という企画をやったのですが、性格悪いというよりも民度が低いという方がいいなこれ…という雰囲気になって司会が大変でした。

新しい遊び