シェアしてみる?

B!

エッセイの記事一覧

「しんざき」さんの文章が優しすぎるから、読みすぎないようにしている

「しんざき」さんという、僕が尊敬してやまない書き手がいるのですが、彼の文章は優しすぎるのであまり読み返さないようにしています。僕のキャラクターは悪態をついていないといけない。

「東大を出たから年収一千万は欲しい」と言う親友と、飲みに行くのをやめた。

地元も一緒で、小中高と一緒な親友が、「東大を出たから年収一千万は欲しい」みたいなことを言い出し、つまらないなと感じるようになったので、飲みに行くのをやめました。彼は持っているカードで人生を決めようとしていて、愚かだと思いました。

受験に失敗した教え子が泣き続けた5分間、僕は教育者としての真価を問われた

一人で夜中に車を運転するとき、誰かの人生に思いを馳せる。 つくづく人間というものは、誰かの人生を思っている時間がとても長いものだと思う。 きっと、人生というものの8割ぐらいの時間は、誰かの人生を思うために使われるんだと思 […]

東横線日吉駅、僕にとってどこよりもエモい光景。街の表情を教えてくれた場所。

東急東横線の「日吉」は、僕が初めて一人暮らしをした街であり、僕にとって最もエモい街でもあります。”街の表情”という概念も、この街から学びました。

世界最多更新Youtuberとして得た知見-ゴミの山を作ることに意味がある

Youtuberとしてデビューして二日目、いきなり世界一を狙える要素を見つけたので狙いました。”世界最多更新Youtuber”になるべく15本の動画を上げました。ゴミの山を作ってしまいましたが、知見を得たので記事にしました。

高校一年の夏、僕達はホームレスに間違われてファミレスで夜を越した

高校一年生のある夏の日の思い出話を書きました。それ以上でもそれ以下でもないです。ホームレスに間違われてファミレスで夜を越したことを、時々思い出してしまいます。

正義にもエンタメ性が必要だ。はあちゅうの告発劇が最高のエンタメだったように。

昨日からネット上の話題を総なめにしたはあちゅう氏の告発劇について書きました。この告発劇は最高のエンタメだったと思っていますし、正義にもエンタメ性が必要だと改めて実感しました。

公立中学の入学式で胸ぐら掴まれて、社会を知った話-公立中学の歩き方

地元の公立中学に通っていた時期は、いろんなことがありました。同期に胸ぐらを掴まれて、社会を見た気がしました。そんな公立中学のメリットデメリットと、歩き方について書いてみます。

ネットで読める、世間に知られてないけど吐くほど面白い文章5選

ネットで読める、吐くほど面白いのに世間に知られていない文章をまとめてみました。どれもめっちゃ面白いですが、「全自動乾燥機付き洗濯機みたいなCA」の文章が特にオススメです。

「我々は皆どこかおかしい」という慣用句の数理的証明~凡人のジレンマ

「我々は皆、どこかおかしい」というイタリアの慣用句があるのですが、この慣用句の正しさを数理的に証明してみました。最終的に「凡人のジレンマ」というそれっぽい言葉が生まれました。