新しい遊びを作るものの責務-”最初のティガレックス”を用意すること

はじめに

この記事はメディアミックスで作られています。

同じ内容について話した動画も用意しました。読むよりも聞く方が好きな方はこちらをどうぞ。

 

ーーーここから本題ーーー

こんにちは。非日常クリエイターの堀元です。

さて、僕は去年からずっと”遊び作り”を仕事にしているので、「面白い遊びとは何なのか」をいつも考察しています。

 

 

さて、そんな中で、非常に興味深い問いが自分の中に湧いてきました。

 

モンスターハンター成功の要因は何だったのか?

 

今日はそれについて書いてみます。

ちなみに僕はモンスターハンター2Gの時代に一番やってたので、全てその時代のモンスターで説明します。古いとか言わないの!

 

モンスターハンターは”しんどい”

僕は個人的にはモンスターハンターはかなり革命的なゲームだったと考えています。

なぜなら、しんどいから。

まず、面白くなるまでが長い。

  • 採集クエストをやって…
  • ザコ(ランポス)を10匹狩るクエストをやって…
  • ザコの大きいの(ドスランポス)を狩るクエストをやって…
  • それなりの敵(イャンクック)を狩るクエストをやる

 

ゲームとして面白くなるのは、このイャンクックを狩る段階くらいになってからです。

そこまではひたすらゲームの遊び方を覚えるフェイズで、あまり面白くはない。

 

モンスターハンターは、このあまり面白くないフェイズが他のゲームに比べて長いように思います。

それもそのはず、モンスターハンターは、ある程度のプレイヤースキルがないと強敵とは戦えないからです。RPGのように、ステータスを調整して…という訳にはいきません。

プレイヤーの上達を待つために、面白くないフェイズが長くなるのは必然。

 

面白くないフェイズを乗り越えるための”ティガレックス”

しかし、ユーザーがそれでも耐えるのは、ティガレックスを最初に見せられているからです。

 

むだそくん
うわっ!!すげえ!!いつかはこいつと戦うんだな!!

というこの感覚こそが、プレイヤーのモチベーションにつながっています。

 

この辺、モンスターハンターは一貫しておりまして、オープニングでティガレックスを見せ、最初の方のいくつかのクエストでも、ティガレックスにばったり出会ってしまうようになっています。

当然、プレイヤーはヤバそうだなと思って逃げる(もしくはダメ元で挑んで大ダメージを受ける)ワケですが、ティガレックスを執拗に見せておくことで、

 

むだそくん
絶対強くなる!!あいつを倒す!!

 

という闘争心が沸くようになっているわけです。

遊び作りをするものは、この例を真似しなければなりません。

説明時に”最初のティガレックス”すなわち”遊びの到達点の象徴”が必要なのです。

 

あなたの遊びに”最初のティガレックス”はあるか?

習熟に時間がかかる遊びを設計する時に、この”最初のティガレックス”を入れ忘れると、厳しいことになります。

すぐに面白くなるようにする or ”最初のティガレックス”を用意する

のどちらかは必須です。

 

ボードゲームを作る人とか、なんか遊びイベントやる人は覚えておくべきです。

ルール説明が長くて人を消耗させそうな時は、先にちょっとティガレックスを見せましょう。

 

上手な”最初のティガレックス”の例

最後に、この”最初のティガレックス”が上手な例をいくつかご紹介

 

サーフィン

これめっちゃ分かりやすいと思うんですけど、サーフィンって最初は全然面白くないんですよね。

ですが、人々は「超かっこよく波に乗る人(最初のティガレックス)」を見ているから、地味で面白くない長期間の練習に耐えられるワケです。

逆に言うと、人類で最初にサーフィンを練習したヤツ、マジ狂気ですね。何を励みにして練習したんだろう。不可解すぎる。

 

ビリヤード

これもすごい。

ビリヤード、ちゃんとできるようになろうとすると、むちゃくちゃ地味な鍛錬が必要なんですが、その先にアレが待っている訳ですよね。

 

スゴ技ね。ビリヤードは、遊びとしては極めて地味な練習を要するにも関わらず、実戦の中でスゴ技を出せるという非常に面白い構造になっています。

これも、超かっこいいプレイに向けて頑張れる例ですよね。

 

以上、探してみればいっぱいあると思いますが、”地味な練習”を要する遊びは、必ず”最初のティガレックス”を必要とします。

遊びを設計する皆様は、これを設計し忘れないように心がけて参りましょう!

 

世界を面白くしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で堀元見@非日常クリエイターをフォローしよう!

リアルDASH村、やってます!



「あの村プロジェクト」というプロジェクトをやっています。

千葉県鴨川市1400坪の土地を舞台に、皆で相談しながら一つの村を作り上げていくプロジェクトです。

村民は絶賛募集中ですので、以下の公式サイトをご覧あれ!