人は10分間で特技を身に付けられるか?「特技交換」をした

こんにちは、非日常クリエイターの堀元です。

突然ですが、就職活動やら何やらで面接のときに「あなたの特技はなんですか?」と聞かれたとき、あなたは何を答えますか?

 

僕は大抵の場合、

堀元
デッカチャンっていう芸人のネタを丸ごと一本覚えています!

と答えるんですが、非常にウケが悪いです。

かといって面接で答えるためだけに何か特技を練習するのは嫌です。

 

そんな折、あるアイデアが降りてきました。

 

堀元
10分だけ特技を猛練習してみたらいいんじゃね?

 

10分の特技練習

今回の思いつき、「10分だけ」練習するというのがポイントなのです。

あわよくば10分で特技を身に付けることができるし、できなくても10分しか練習してないならあんまり悔しくないという、攻防一体の作戦です。天才かよ。

 

更に、一人でやってると寂しいので、特技を友人に教えてもらうことにします。

 

友人の新美くんを「10分で特技を教え合おうぜ!」と言って呼び出しました。

tetsu

apple製品を大量に出してクリエイティブをアピールしている新美君。

 

堀元
で、特技は用意してくれたね?
新美
したよ。輪ゴムでできるものを。

 

この時点で、絵が地味になりそうな予感がします。

 

堀元
では早速、10分間でその特技を教えてください
新美
はいよ。特技は「輪ゴムで星を作る」です!

 

教える特技① 輪ゴムで星を作る(新美→堀元)

よく分かりませんが、輪ゴムで星が作れるらしいです。なんとなくロマンチストな響き!

shoki
新美
まず、親指と人差し指に輪ゴムをかけて…

 

 

sankaku
新美
三角形を作って…

 

totte
新美
こことここを持ってきて…

 

 

chuukan
新美
で、とりあえずこの状態になる

 

この辺りで既に聴くのに飽きてきました。覚えられる気がしない。

そもそもどうして成人男子が輪ゴムで星を作らなければならないのか。

 

……(中略)

 

新美
で、最終的にこうなる
star

 

結構すごいじゃねえか!!

正直ナメていました。一つの輪ゴムでそこそこに星マークが作れています。

 

で、もう一度丁寧にやり方を教えてもらいながら、一つ一つの工程を覚えていきます

anki

「ええっと、この後あれをやればいいんだな……」

 

ちなみに、僕はこういうのを覚えるのが苦手です。

ネクタイの結び方も、20回くらい習ってようやく覚えました

したがって、今回の工程の暗記もかなり苦悩することになります。全部で12工程くらいあるんですが、4工程しか覚えられません

 

で、そうこうしている内に10分間が終了。あっという間でした。

いざ、覚えた特技を披露しましょう!

 

 

warai
新美
さあ!やってみろ!

 

ちなみにこの時点で堀元が工程を覚えていないのは明らかなので、彼は既にあざ笑う準備万端です。

しかし、勝負には奇跡があるのです。僕は奇跡を信じています。ぶっつけ本番で、完成させてみせる!

 

yaruzo

やってみせる!

 

 

koudakke

たしか、ここをこうして…

 

 

 

 

bonres

できた!ボンレスハム!

 

新美
5点だな

 

堀元
100点満点でお願いします
新美
だから5点だよ。お前まともに作れてたの最初の三角形だけじゃねえか

 

結果: 5点

 

 

教える特技②ボールジャグリング(堀元→新美)

jag_tehon-iloveimg-compressed

僕は趣味でそこそこボールジャグリングをやっているので、それを教えます。

 

 

堀元
覚えの良い人なら、1時間もあれば基本技はできるようになるよ
新美
じゃあもう無理だよ。10分しかないから

 

 

まずはボール1個で正確に投げる練習。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この日、GIFアニメにするために、連写モードで撮影していたのですが、これが意外に楽しい!

ちょっと間の抜けた写真が撮れるのです。写真を1枚ずつ見ていくのが楽しくてしょうがない。上の写真のような「目線が、ボールじゃないところを見ている写真」みたいなのがたくさん撮れて面白いのです。

あまりの面白さに、堀元は教えるのをおろそかにしていました。

 

しかしそうこうしている内に、3つの球の練習までたどり着きました。器用な男です。

 

manuke-iloveimg-compressed

 

彼が一生懸命練習している間、僕は,

 

 

堀元
なにこのポーズ!なんでちょっと筋肉アピールしたんだよ!真顔なのに!

と笑い転げていました。

 

 

そして、10分が経過。

新美君はここまでに何度か「3個投げて3個キャッチ」(つまり、1サイクル)に成功しています。

新美
まあ、そこまでならやれると思う。10分で身に付けたものを出しきってみせる!

 

満を持して、披露タイムがやってきました

 

 

 

 

 

どうなる…!?

 

 

 

 

あっ…!

 

 

 

ああっ……!

 

 

 

あーあ。

 

 

現実は非常である。

3個投げて3個とも取れないというひどい状態。

 

 

そしてリアクションが古い。「できねえよ!」っていうポーズを取ってもらったらこうなった。

 

 

 

 

そして採点タイムへ。

 

堀元
2点かな。ボール3つ投げただけだし。取らずにボール投げるだけならそれもうサルでもできるからね。
新美
厳しい…

 

(結果: 2点)

 

 

教える特技③ 片手でゴム鉄砲を完璧にセットする(新美→堀元)  

新美
次の特技は、「片手だけでゴム鉄砲をセットする」なんだけど…
堀元
いや!やめよう!絵が地味すぎるから!!

 

(結果: 却下)

 

 

 

教える特技④ 北海道の難読地名を読む(堀元→新美)

 

堀元
俺北海道出身だから、こういうの読めるよ

(ネット上の『北海道の難読地名一覧』みたいなものを指さしています)

 

新美
じゃあちょっと試してみるから答えてくれ

 

新美
なんて読むでしょう?

 

 

 

堀元
まったく分からない…
新美
正解は『あっちょろべつ』でした
堀元
ごめん、これ特技じゃなかったかもしれない

 

結果: 特技じゃなかった

 

 

教える特技⑤ 手の中指を「ぐにゃあ」ってやる

 

 

堀元
あー、いるね、そういう人。どうやるの?
新美
まず、なるべく手首を柔らかくして……

 

 

 

~10分後~

 

 

 

 

堀元
できない
新美
まあそうだろうね
堀元
人生有数のムダな10分間だったなー
新美
でも頑張って柔軟してたから15点あげよう
堀元
採点ゆるくなってない?

 

以上、特技交換は終わりになりました。(グダグダになる一方だったから)

何も身につきませんでしたが、割と面白い時間の過ごし方でした。やったこと無いことに一気に挑戦するって脳の変なところが刺激されて面白い!

 

まとめ

  • 制限時間10分だとできることが少なすぎて面白い。
  • 覚えるべきことを覚えられなさ過ぎて笑ってしまう
  • 10分で関節を柔らかくするのは無理

 

以上、10分で特技を交換してみる挑戦の紹介でした。

暇すぎる休日には挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

世界を面白くしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で堀元見@非日常クリエイターをフォローしよう!

リアルDASH村、やってます!



「あの村プロジェクト」というプロジェクトをやっています。

千葉県鴨川市1400坪の土地を舞台に、皆で相談しながら一つの村を作り上げていくプロジェクトです。

村民は絶賛募集中ですので、以下の公式サイトをご覧あれ!