割り箸を500膳割って一番を決めるW-1グランプリを開催した

IMG_0705

こんにちは。堀元です。

突然ですが、皆さんは空き時間ができたら何をしますか?

IMG_0505

うーん。待ち合わせの時間より早く着いちゃって暇だなあ…

 

 

IMG_0518

そうだ!暇つぶしに箸を割ろう!

 

 

IMG_0520

せいや!

 

IMG_0521

 

うーん。キレイに割れないし、割る感触もイマイチ。

 

ダメだ!こんな割りばしじゃダメだ!

もっと暇つぶしになる割りばしを探しに行こう!

 

 

 

ということで、途方もない茶番をお見せして申し訳なかったのですが、要するにそういうことです。

「キレイに割れて、気持ちよく割れる」という割りばしが大好きなので、色々な割りばしを買って比べてみようという趣旨です。

 

 

STEP 1 コンビニで割りばしを買う

 

IMG_0510

 

とりあえずファミリーマートとセブンイレブンで割りばしを買いました。

 

それにしてもこの写真は良い笑顔ですね。金メダルを持っているみたいです。

ただし、僕は別に割りばしマニアではなく、8時から集まってスーツで割りばしを買い歩いている異様さで笑っているだけだということをことわっておきます。

※スーツを着ているのはかっちりしたところに行く用事があったからです。

 

STEP 2 田園調布へ行く

 

一流のものや人が集まる街といえば、田園調布でしょう。

 

IMG_0536

駅前からして既におしゃれであり、気品が漂っています。

これはかなり良い割りばしが期待できますね!

唯一の懸念は、「割りばし1パック2万円だよ!」とか言われる可能性があることです。僕にはそんな無駄遣いはできない…っ!

 

田園調布の人がどこで買い物をしているのか、まったく分からなかったので、とりあえずスマートフォンに「スーパー」と入力してでてきた場所を目指します。

 

IMG_0571

途中、公園で上品な顔をした恐竜を見つけました。

さすが田園調布、恐竜なのに憂いのある顔をしています。

またがって遊ぶととても面白かったのですが、足元が異様にぬかるんでいました。だからあの顔だったのかもしれません。

 

そしてずんずん歩きます。最初のスーパーがそろそろなはず。スマホのGPSで確認すると、今まさにスーパーに着いたはずです。

scr

 

周りを見渡すと……ありました!

 

 

IMG_0556

 

スタジオが。

 

スーパースプリングスタジオというスタジオがあり、僕のスマートフォンは「スーパー」という検索に対してここを提示してくれました。

 

 

IMG_0560

信じられない凡ミスに対して、とりあえずポージングしてみた写真

 

 

STEP 3 それでも、スーパーへ

とにかくめげずに田園調布のスーパーを回ります。

IMG_0601

3店舗ほど回って割りばしを買いました。それにしても、割りばしってダブらないものですね!

同じ会社のものはあれど、パッケージや材質が微妙に異なっていて、「これ全く同じもの買ったよね?」とはならないのです!

まあ、割りばしはなかなかダブらないという情報は人生で一度も使わないでしょうけど!

 

店舗を回っている途中で、「犬を三匹飼っている中川さん」のお宅を見つけました。

中川さんのことは全く知りませんが、多分犬を三匹飼ってるんだと思います。

IMG_0561

 

だって、ドアがこうだから。

あと中川さん二人いそうですね。ご夫婦でしょうか。

 

 

そして最後に寄ったスーパーにて。

IMG_0607

お!2500円の紅茶が売ってる!とか考えながらも、結局来るのはこのコーナー。

 

IMG_0610

自分で言い出しておいてなんですが、どうしてこんなにたくさんの割りばしを見なきゃいけないんでしょう。

 

ちなみにこの頃には、「お!これもやなぎプロダクツだ!」と、割りばしの会社の名前をすっかり覚えてしまっています。

 

 

そんな風に店回りを続けて、集めた割りばしたちがこれ!

IMG_0624

実に11種類

材質だけをとっても、アスペン・白樺・杉・竹と多岐にわたります。

後半は、カバンが箸でパンパンだったので、何かの密輸人になった気持ちがしました。

 

 

 

STEP 4 割りまくる

「この割り心地は70点かな!」のように、点数をつけながら割り箸を割っていきます。

IMG_0643

「これは良いぞ!かなりの割り心地だ!」

 

 

IMG_0642

「こっちはイマイチかなあ……」

 

 

IMG_0662

「こっちもひどいですよ!!」

 

IMG_0670

「もう飽きた」

 

 

色々言いながら、全ての割りばしを割った結果の表がこちら。

これと言って価値のある情報ではないので頑張って見なくても大丈夫です。

table

 

 

表から言えることはたくさんありますが、とりあえず言っておきたいのは、白樺の箸はくさい、ということです。

あと総合的に一番いい箸だと思ったのは、2番の「やなぎプロダクツの竹箸」でした。

えらくあっさり結論を言いましたけど、もうこの頃には一番良い箸とかどうでもよくなっています。箸を集めて割ったという達成感でいっぱいだからです。

 

 

そして、割った後の部屋の状態はこちら!

 

IMG_0705

今年度たき火をしたい部屋NO.1を取れる自信がある。

 

STEP 5 つくってあそぼ!

箸があまりまくっているので、工作をしました。

IMG_0712
画面左の彼は、よくわからないオブジェを作っています。器用なものです。

ちなみに僕は画面下のすのこのようなものを作りました。

画面右の彼はゲームをしていました

 

こういう企画をやると、ゴミがいっぱい出そうですが、それは誤解です。

上で見たように、工作によって有効活用されるのです!

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0717

嘘です。

 

全部捨てて終わりにしましょう。

「人の夢」と書いて「はかない」と読み、「割る箸」と書いて「わりばし」と読むのだから。

 

余談ですが翌日、ラーメン屋で割りばしを割ったときに「68点くらいかな!」と言ってしまい、友人に怪訝な目で見られました。こちらからは以上です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で堀元見@非日常クリエイターをフォローしよう!

広告