「家にアルミホイルを貼りまくる会」に行ってきた

DSC_0240

※こちらは2016年2月13日の「アルミホイルルームを作る」イベントのレポートをリライトしたものです。アルミホイルを貼る絵がとても面白いので、是非ご覧ください。

 

今日何してた?と聞かれたら、「他人の家にアルミホイル貼ってた」と答えるでしょう。そんな日でした。

DSC_0241

こういう感じの部屋を作っていました。7時間かけて。

かれこれ一年近い付き合いになる、ヘンテコ遊び研究家の高瀬雄一郎さん主催のイベントでした。大変おもしろかったので、振り返りを書いてみます。

①集合

高瀬さんの自宅の最寄り駅である千葉の本八幡駅に朝10時に集合しました。

僕は駒沢に住んでいるので、あまりの遠さに吐くかと思いました

DSC_0203

が、準備されたアルミホイルの束を見るとテンションが上がりました。

アルミホイルは400m近い長さを準備したらしいです。人生でアルミホイルを100m単位で数えることがあろうとは、思ってもみませんでした。

 

②壁に貼る

DSC_0207

壁にどんどん貼っていきます。アルミホイルを縦にサーッと出していくのは快感ですね。

横に二列並んだアルミホイルをテープで止めるかどうか悩みました。

リスクヘッジはアルミホイルを部屋に貼る時の基本ですよ?二列をまとめたら一気に剥がれちゃいますよ」と、分かったような口を利いていたら皆さんから失笑を買いました。

 

③小物に貼る

壁にアルミホイルを貼るのに飽きたので、小物に貼っていきます。

「息抜きで椅子に貼ろう!」と皆が言っていましたが、この作業の中の何が息抜きで何が本体なのか

DSC_0208

椅子を始めとして、色んな小物にアルミホイルを巻きました。

DSC_0210

僕が手がけた椅子です。巻きつけ by 堀元見 の椅子です。

妙に達成感があります。自分の手で椅子が生まれ変わったぞ!

 

24defe3f

アルミホイルで巻くのが楽しすぎて、アルミホイルを引き出しながら次に巻くものを考えています。
連続殺人鬼みたいな異様さを感じますね。

④パソコンにも貼る

DSC_0226

パソコンにも貼りました。
貼った途端、ファンが「ウォーン!」と異音を上げ始めて、アルミホイルって熱をこもらせるんだなあと痛感しました。
すぐにファンのところだけ穴を開けて事無きを得ました。

 

 

DSC_0225

「そういえばMacBookってアルミフレームだな、と思って、リンゴマークを貼りました。

本物のMacBook(左)と見比べながら貼ったので、それなりに高クオリティだと思います。スタバで作業していてもバレないのでは。

 

18ebff31

MacBook(アルミホイルフレーム)で作業しているところです。画面は完全にWindowsでした。
DSC_0235

高瀬さんも浮かれてらっしゃいます。

ちなみに、銀色のゾーンでは何か行動する度にアルミホイルが摩擦で「シャーン」と音を立てるので、何となくロマンチックでした。

 

⑤昼食

DSC_0236

銀のさらで寿司を注文しました。アルミ貼ってるんだし銀色のものを食べようぜ!というノリでした。

「アルミホイルのさら」じゃなかったのが玉にキズ。チェーン展開すればいいのに。アルミホイルのさら。メニュー一緒で良いから。

⑥帰宅

DSC_0240

土日ぶっ続けでやる予定らしいのですが、僕は夜からの予定があったので帰宅しました。

僕が帰る前の最終形がこの写真です。本棚が中々狂気を感じていい感じです。

 

まとめ

部屋にアルミホイルを貼るのは単純に初めての経験でしたし、新しい発見もたくさんありました。

椅子に巻きつければテープ無しで固定できる、とかそういうノウハウを身につけました。

今後、部屋にアルミホイルを貼りたい人は僕達にご連絡下さい。たくさんアドバイスができると思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で堀元見@非日常クリエイターをフォローしよう!

広告