この記事をシェアする?

B!

面白いものの記事一覧

一発屋芸人AMEMIYAは麻薬である。惨劇とカタルシスに、快感を覚えるしかない。

2011年に流行した一発屋芸人AMEMIYA。彼のYouTubeチャンネルが本当にひどくて、惨劇というにふさわしい。だが、大量の惨劇を越えるとそこにはカタルシスがあり、快感を覚えるしかない。まるで、麻薬みたいだ。

インテリへの救いはどこにあるか-RSA暗号の説明を不要とするYouTuberの話

「YouTuberはテレビより面白い」に対してウソつけと思っていたのですが、とあるYouTuberにハマったことで考えを改めました。インテリに特化することでRSA暗号の説明が不要になったり、インテリの救いとなるテレビ番組が作れたりするんだなと痛感したのです。

ウィキペディアで一日が終わる人の生態-ヒトラーのキンタマからオカマ爆弾へ

ウィキペディアを読んでたらすぐ一日が終わります。しかし、そのことを人に言うと「なんでそんなことになるか分からない」と言われるので、詳しく書きました。主に「ヒトラーのキンタマ
」とか「オカマ爆弾」とかを気にしていたら一日終わるんですよ。

【サバの話だったの?】WEEKLY OCHIAIというコント、あるいは地獄について。

「WEEKLY OCHIAI」という番組が、コントとして最高に笑えます。真面目な番組なんだけど、「皆が一生懸命分かったフリをしてる」という状況が超面白いです。あと進行役の人が地獄です。

「サイコパス社長に殺される気持ち」を味わえる求人サイトを作りました

「人前では暴力を振るわない会社Luxy」という求人サイトを作りました。サイコパス社長に刺される気持ちを味わうことができます。

Every little thing「またあした」がフェラチオの歌に聞こえてしまう呪い

Every little thingの名曲「またあした」を聞く度に「これフェラチオの歌だよなあ」と思ってしまうのでその話です。あと、スピッツの曲にはセックスの隠喩がいっぱいあるという話も。

狂気の沙汰ほど、面白い-プロの企画屋が選ぶ、狂った企画5選

イチオシの狂った企画を5個選びました。僕は普段プロの企画屋をやっているのですが、この5個は面白すぎて嫉妬してしまいました。狂気の沙汰ほど、面白い。

地球にただ一人取り残されて遊び続けるYoutuber「シラオサ」の話

狂ったYoutuberの「シラオサ」のプロデュースを始めました。彼は狂人であり、なぜか「地球に自分一人だけが生き残った世界」という設定で動画を作り始めました。

俳句で爆笑してみよう。「尾崎放哉」の俳句のハチャメチャさについて。

昔の俳人「尾崎放哉」が書く俳句がハチャメチャすぎて爆笑できるので、紹介してみました。このハチャメチャ俳句をみんなに楽しんで欲しい。

コウメ太夫はフラクタル構造であり、僕の目標だという話【図解あり】

コウメ太夫のTwitterアカウントが面白い。本人のツイートもさることながら、関連アカウントが大文化圏を形成しています。この文化圏はフラクタル構造であり、コウメ太夫は案外、文化作りをしたい僕の目標なのではないかと思えます。