この記事をシェアする?

B!

教育の記事一覧

教師とは、神であるべきなのか -辻村深月「パッとしない子」に見る教育の理想と現実

辻村深月さんの小説「パッとしない子」が非常に良かったので書きました。電車で15分で読める長さでありながら、「教師とは神であるべきか?」という、教育における非常に大きな問題に挑戦しています。皆読もう。

受験に失敗した教え子が泣き続けた5分間、僕は教育者としての真価を問われた

一人で夜中に車を運転するとき、誰かの人生に思いを馳せる。 つくづく人間というものは、誰かの人生を思っている時間がとても長いものだと思う。 きっと、人生というものの8割ぐらいの時間は、誰かの人生を思うために使われるんだと思 […]