「こっちは遊びでやってんじゃねえんだよ!」という批判はダサい

こんにちは。非日常クリエイターの堀元です。

 

突然ですが、先日、ブログタイトルを変えました。

いやね、僕ずっと思ってたんですよ。

堀元
ブログタイトル、スベってんなあ…

って。

元々「非日常を、創る」っていうタイトルでやってました

 

「非日常クリエイター」っていう怪しい肩書きのブランディングになるタイトルがよかったからこのタイトルにしたんですけど、ブログとして全然面白くなさそうですよね。

僕だったら読まないですもん。もっとポップな奴がいいわ。

 

 

アンケートを取った

そんな訳で、タイトルの候補を適当に挙げてアンケートを取りました。

 

で、このアンケートの結果を採用するかと思いきやガン無視して、「こっちは遊びでやってんだよ!」にしました。

候補にも入ってなかったこの選択肢がなぜ出てきたのかというと、友人のジャンプ力に定評のある前田(@jumpmaeda)が、リプライをくれたからです。

 

一発で気に入ったので、これをブログタイトルとして採用することに決めました。アンケートは何だったんだ…

 

僕はこのブログタイトルをめちゃくちゃ気に入っていて、これから口癖にしていきたいと思っています。

ことあるごとに、

堀元
こっちは遊びでやってんだよ!

と言っていきたい。

それによって、世界を面白くしていきたい。

以下、そんな野望についての話。

 

「こっちは遊びでやってんじゃねえんだよ!」はダサい

僕はあの村という、「遊びで村作りができる」というサービスをやっております。

このサービスをやっている中で、先日、ちょっと地元の人にお叱りを受けました。

地元の方の最後の一言は

こっちは遊びでやってんじゃねえんだよ!

でした。お叱りの内容はもっともなことで、僕は平謝りだったのですが、最後の一言には全然共感できないな、と思いました。

「遊びじゃねえんだよ!」というこのフレーズ、よく聞くものですが、僕はめちゃくちゃダサいなと思っています。

 

「遊び<仕事」という図式

このフレーズには、「遊び<仕事」という図式が含められています。

こっちは遊びでやってんじゃねえんだよ!(だから遊びでやってるお前らは俺を優先しろ!)

 

これがダサい。

遊び=暇つぶしで、優先順位が低いもの

という20世紀的認識によるものです。でも、現代では違うんですよ。

一般に、イヤイヤやってる人が多い「仕事」の価値は低いです。

仕事=お金をもらうためにやってることで、お金がもらわなきゃやらない

遊び=お金がもらえなくてもやる。むしろお金を使ってでもやる

さて、この2つのうちでより”価値が高い”のはどちらでしょう?

 

僕は間違いなく「遊び」であると思っています。

イヤイヤやってること、お金になるからやってることよりも、好きでひたすら情熱を傾けていることの方が、高いパフォーマンスを出せますよね。

 

仕事<遊び の世の中へ

で、今はテクノロジーの発展にともなって、人間はどんどん嫌なことをやらなくてよくなるので、「遊び」ばっかりやる時代になってきてると僕は確信しています。

つまり、今まで「仕事」だったものは「人間がやるべきではない些事(コンピュータにやらせとけ)」に代わるんじゃないかと。

そして、「遊び」が「仕事」に代わるんじゃないかと。

 

ということで、今後の社会は完全に 仕事<遊び だろうと思っております。

 

したがって、僕は

堀元
こっちは遊びでやってんだよ!!

というセリフを言える世の中にしていきたいなと思っています。

 

以上、引き続き当ブログ「こっちは遊びでやってんだよ!!」をよろしくお願いいたします。

 

世界を面白くしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で堀元見@非日常クリエイターをフォローしよう!

リアルDASH村、やってます!



「あの村プロジェクト」というプロジェクトをやっています。

千葉県鴨川市1400坪の土地を舞台に、皆で相談しながら一つの村を作り上げていくプロジェクトです。

村民は絶賛募集中ですので、以下の公式サイトをご覧あれ!