箸の替わりに使える食べ物調べ【プリッツ?千歳飴?】

027

こんにちは。堀元です。

突然ですけど、みなさんには嫌いな人がいますか?

 

僕が嫌いなのは、割り箸を入れてくれないコンビニの店員です。

うどんを買ってきたときに、箸がないと困りますよね!

 

001

「あっ!箸がない!」

 

 

こういうとき、皆さんはどうしますか?

僕なら、こうします。

 

 

002

家にある棒状のものをかき集めて…

 

003

この内のどれかを、箸として使ってみよう!

 

 

ということで、すごい茶番をお見せして申し訳ありませんでしたが、今回はそういう趣旨です。

よろしくお願いいたします。

 

箸候補① うるめいわし

004

「箸がないなら、いわしを使えばいいじゃない」

 

005

こうして…

006

 

イケる!箸として使えるよ!

うるめいわし、確実に麺を持つことができます。

 

あと、出汁が出て美味しくなることを期待しましたが、全然出ません。

何なら、うどんが生臭くなって味を破壊しています。

やっぱりいわしで食べると、コクが深まるね〜」みたいなことを言いたかったんですが、作戦失敗です。

 

そして、順調に食べ進んでいる中で、事件が発生しました。

 

007

勢い余って…

 

008

箸まで食べてしまった…

 

あー。せっかく順調に食べていたのになー。

次の箸候補を探さないといけないなー!

 

 

あと、うどんの合間に食べるいわしは思ったよりおいしくなかったです。お酒欲しい。

009

 

 

010

いらなくなったいわしはうどんに刺しておく。

 

 

いわしの得点…85点(生臭くなければ完璧。お酒欲しい

 

 

 

箸候補② カルパス

011 012

あっ!持った瞬間やばい奴だ!

手がヌルヌルするのも最悪だし、なんといってもカルパスくさい

 

013

しかし意外に麺は持てる。

カルパスくささは気になりますが、箸としての機能性はそこそこ。

 

 

014

そして、うどん食べてる内に「もっとパンチのあるもの食べたい」と思い始めました。

結果、カルパスを普通に食べています。

 

015

美味い!

 

この企画の後、「カルパス美味いなあ」が口癖になりました。

僕はカルパスの美味しさを思い出すことができたので、この企画をやってよかったな、と思いました。

 

016

でも一本食べたら飽きたので、二本目は刺しておく。

 

カルパスの得点…60点(ヌルヌルしてて嫌。でもとにかく美味い

 

 

箸候補③ プリッツ

017

箸っぽく置いてみたけど、既にダメそうな雰囲気がすごい。

細い。あとイメージより短い

プリッツの長さには期待を裏切られがちなので、皆さんにおきましても注意されることをおすすめします。

 

018

イケるか!?

 

019

持とうとした瞬間に折れた。そりゃそうだ。

 

そして、非常に興味深いのが、何回やり直しても同じところが折れる現象

必ず、親指の関節の部分で折れるのです。

 

このことを、「堀元プリッツ現象」と呼ぶことにします。

多分、この現象を観測したのは僕が初めてなので、そう呼びます。

一生使う機会無さそうな言葉ですけど、そう呼びます。

 

020

 

プリッツの得点…0点(いつも同じところが折れる)

 

 

 

 

箸候補④ トッポ

021

「プリッツと同じじゃないの?」と言うことなかれ。トッポの方がかなり太いのです。手応えを感じずにはいられない。

上の写真の、自信に満ちた顔を見て下さい。

 

 

 

022

まあ結局同じところが折れたんですけど。

これが有名な堀元プリッツ現象ですね。

一生使わない言葉かと思ったんですけど、意外とすぐ使いました。

 

023

それはそうと、トッポ美味い。めちゃくちゃ美味い。

僕はどちらかというとポッキー派だったのですが、次からはトッポを買います。

 

 

 

トッポの得点…20点(箸としては0点。美味いから加点

 

 

箸候補⑤ 千歳飴

024

デカい。今までとは一線を画す長さと太さ。

あと、うどんが全然減ってない。色んな食べ物が入ってくるから、食べてるのに全然減らない。

 

025

持った瞬間の安心感がすごい。

「絶対折れないぞこれ!」という喜び。

 

026

しかしその一秒後にテンションが急激に下がりました。

手がすごくベタベタだからです。

やる前からベタベタになるだろうと思ってましたが、予想を遥かに上回るベタベタ具合です。

すぐにでも実験を打ち切りたい手を洗いたい

 

027

めっちゃ使いやすいのだけど、そんなことはもうどうでも良い。とにかく一刻も早く手を洗いたい

あと、麺が甘くなるとかそういう欠点もあるんですけど、手のベタベタが嫌すぎてそれどころではありません。

手のベタベタの不快感は半端じゃないです。

「昔は私がおむつを変えてあげたんだよ」っていうエピソードを話してくる知らない親戚よりも不快です。

 

028

手を洗うと一安心。

 

 

千歳飴の得点…50点(凄い安定感と、それをチャラにするベタベタ感)

 

 

 

 

箸候補⑥ 芋けんぴ

029

見た目的にはダメそうですが…

030

驚きの機能性!

芋けんぴって箸として使うために生まれてきたのかもしれない。

 

 

031

普通にうどんをすする。素に戻ると疲れが出た顔をしていますね。

 

 

芋けんぴの得点…100点(ほぼ箸。圧倒的)

 

 

 

おまけ

 

最後に、一応割り箸で食べてみました。

 

032

「芋けんぴ」という最強の箸あったからな〜。もう箸とか要らないんじゃねえの!?

 

033

……あっ!

 

034

「これめっちゃしっくり来る!」

 

 

そりゃそうだ。これまでの人生でずっと使ってきたんだから。

でも、あまりに落ち着くのでびっくりしました。

「箸すげえ!」と心から感心している顔です。

箸の凄さとカルパスの美味さを理解できたという点で、この記事にはたいへんに意味があったと思っています。

 

 

結論

やっぱり箸が一番!あとカルパスが美味い

 

 

035

異常な食べ方をしたので、お腹の調子がものすごく悪くなりましたが、それはまた別のお話。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で堀元見@非日常クリエイターをフォローしよう!

広告