麻雀牌で色んな遊びを試してみた【スピード・将棋・ドミノ】

017

突然ですけど、僕はトランプが好きなんですよね。

001

たった54枚のカードで、凄い数の遊び方ができるじゃないですか。

僕は飽きっぽいタイプなので、こういうたくさん遊び方があるものが好きなんですよ。飽きたらすぐ別の遊びにできるので。

 

 

それに比べて、お前の体たらくは何なのだ!

002

麻雀牌って、136枚もあるんですよ。めちゃくちゃ場所取るし、重いし。

一種類しか遊び方がないのに。

頑張りが足りないとしか思えません。頑張ればもっと何種類も遊べるはず。

 

ということで、今回は麻雀牌で色んな遊び方を試してみます。

 

サンマルクの新美くん

003

手伝ってくれるのは友人の新美くん。

麻雀のルールは知らないそうです。

 

004

 

新美
『サンマルク』のマークに似てるね
堀元
第一声がそれ!?)

 

005

サンマルクのマーク

 

 

遊び方① トランプの「スピード」

堀元
数が書いてあるものなら、スピードはできると思うんだよ
新美
邪魔なものだらけだけどね。『北』とかは出すタイミング一生ないだろ
堀元
とりあえずそのあたりは取り除こう
新美
めんどくせえ…トランプで良いじゃん…

 

006

 

手に自分の山札(山牌?)をたくさん持ってスピードを始めます。

せえの!

 

007

 

 

008

あっと言う間にこうなる。

 

堀元
素早く積んだら崩れそうだ
新美
崩した方の負けね
堀元
別のゲームになっちゃうよ!?

 

009

異常なスピード感の無さ。そろりそろりと積んでいく。

 

 

010

崩れた。

 

新美
はい崩したからお前の負けー
堀元
どこが『スピード』なんだよ。スピード全然いらないじゃん。もうこのゲーム『丁寧さ』っていう名前の方が良いよ。意外と面白かったけど

 

 

遊び方② 将棋

 

堀元
将棋をやってみよう。最初の駒が決まってなくて、ランダムに引いたものをどんどん配置していくの
新美
とりあえずこのサンマルクを王にしよう。全方位動けるっぽい見た目だし
堀元
サンマルクすっかり気に入ったな…)

 

 

011

 

サンマルクを王にする。

 

 

堀元
それぞれの駒の動きはどうする?
新美
例えばこの駒なら、ここに動けるんじゃない?
012

 

 

堀元
なるほど。牌の形に合わせるってことね。良さそうだ。とにかく納得できる動きならOKということにしようか
新美
そうだね。『北』は北にしか動けないんだろうね
堀元
弱そうだな…。引きたくないな

 

ルールがあやふやなままゲームが始まりました。

一つずつ駒を引いては配置していくという「それ将棋か?」という作業を始めます。

 

013

ドロー!

 

 

 

014
堀元
ああっ!終わった
新美
おっ!『北』引いた?
堀元
いや、これ

 

015

 

夏」である。普段の麻雀でさえ使わない牌だ。

どうやって動かしたらいいのか全く分からない

 

 

016

お互いの最終陣形がこれ。(王がたくさん出てきているのは、王を引いたからです)

ちなみに僕は「春」も引きました

 

017

勝負途中。意外と普通に将棋として楽しんでいる。

「春」と「夏」に関しては、「春は夏に近づいていく(季節的に)」という屁理屈によって、「春は夏に近づく移動のみ可能」というルールにしました。

018

最終局面。堀元の王が詰まれています。

 

019

負けました。

 

割と普通に将棋として面白かったです。

ルールがはっきり定まってないので、駒を一つ引く度に「これはどういう動きだ!?」と考える感じがたまりません。

あと、「麻雀牌って意外と上下の区別があるんだな」ということを学べました。

ソーズもピンズもほとんどの牌が前後の区別できるんですよ。その豆知識どうでも良いですけど。

 

 

遊び方③ ドミノ

 

020

やってみよう!

 

021
堀元
あっ!倒れないわ!
新美
…うん

 

麻雀牌でドミノ倒しはできない

 

遊び方④ こういうお菓子あるよね

 

新美
良いこと思いついた!
022

 

堀元
何!?

 

 

 

023
新美
こういうお菓子あるよね
堀元
…うん(めっちゃ分かるけど、だから何なんだ…)

 

まとめ

そんなわけで、麻雀牌の新しい遊び方を探ってみました。

将棋は意外と熱いですよ!将棋とは比べものにならない駒のバリエーションですからね!

 

皆さんも今度の休日は麻雀牌で遊んでみてはいかがでしょう?

最終的には「麻雀やりたいな」って思い始めること間違いなし!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で堀元見@非日常クリエイターをフォローしよう!

広告