【皆で作るDASH村】あの村プロジェクト、始めました

DSC_1284

「DASH村作りたいな〜!」みたいなこと、言う人いますよね?

言う人はいくらでもいるんですけど、僕はホントに作ることにしました。

 

千葉県鴨川市の1400坪の土地を借りる契約を、先ほど済ませました。現段階は、完全な森です。

DSC_1285

ここで実現したいことを、今日は書いてみます。

 

「あの村」プロジェクトとは?

あの村プロジェクトは、顧客参加型で村を作っていく村作りプロジェクトです。

ただの農業体験やワークショップとは一味ちがう、完全にゼロからの村作りが体験できます。

「これから何が必要か?」「何を作るか?」「どうすれば作れるのか?」等の全てを、お客様と一緒に考えながら進めていきます。

 

面白さ① 完全にゼロからの村作り

DSC_1300

現在の「あの村」は、草木が茂り放題で、完全な森です。「村」とは程遠い。

つまり、最初にやることは「伐採」です。もはや屯田兵と同じレベルからの開拓が求められます。

完全にゼロから村作りができる、こんな喜びがあるでしょうか。

僕たちはものづくりが好きです。そして、ものづくりが好きな人間なら、ゼロから作るのが一番面白いことを知っています。

人が集まって暮らす場所「村」を、ゼロから作れる。こんな喜びは他にないでしょう。

 

面白さ② あなたの力で、村の出来が決まります

DSC_1248

「あの村」プロジェクトは、普通の農業体験等とは全く違います。

ポイントは、「顧客参加型」だということです。

言われたことをやるだけのワークショップと違い、「どうすれば良いのか?」を、自分で考えていく必要があります。

村作りの中で、クリエイティビティを発揮することができます。

関わり方も、あなた次第です。

料理が得意なら、村で取れた作物の使い方を教えて下さい。

建築が得意なら、建物作りのアドバイスを下さい。

「こんなことしたらどうだろう?」「もっとこうした方がいいよ」そんなあなたの声で、村が進化していきます。

ただ予定調和を押し付けられるワークショップにうんざりしている方は、「あの村」に関わりましょう。あなたの求めているものはここにあります。

 

面白さ③ 素人でも何でもできる実感を持てる

DSC_1293

皆忘れがちなことだけど、素人でも案外色々なものが作れるのです。

「自力で家を作るなんて常識的に考えれば無理」という考えを抱いている人は多いでしょう。

でも、案外作れるんです。今回、二泊三日で家を建てるワークショップをやるにあたって、家を自分で建てた人の記録をかなり調べました。

あ、素人でも家って作れるんだな!と、感動しました。自力で家を建てている人はかなりの数いるのです。

そして、実際建ててみれば、もっとはっきりした実感を得られるはずです。

ゼロからの村作りなので、何もかも自分たちで作る予定です。

電気や水道といったインフラから、建築物や食べ物まで、何もかも自分たちで作ります。

案外、自分でどうにかなるんだ

あの村を通して、そう感じてもらいたいのです。

 

今後の予定

今年の終盤までは、単発のワークショップを行っていきます。直近は以下の二つ。

6月29日(水)~30日(木):開拓伐採ワークショップ

7月16日(土)〜18日(月祝):二泊三日で家を建てるワークショップ

そして、今年の終盤からは正式な「年間会員」を募っていきます。

年間会員は、一年中、好きなときに村に来て、好きなときに村を作る「村員」です。

 

「あの村」への思い

DSC_1308

このプロジェクトは、僕と、白井宏樹くんの共同プロジェクトとしてスタートしました。

頭おかしいエンジニア「白井宏樹」の就職を阻止してしまった話

2016.05.18

最初はただのフィーリングでした。初めてサシ飲みをした日、僕は彼と仕事がしたいと、心から思いました。だから、二人で飲みながら「何かやろう」とだけ決めて、その日は別れました。

後日、お互いのやりたいことをすり合わせるために、渋谷のモスバーガーで話しました。

白井は、「ものづくり」が好きだった。色んなものを作りたい。

僕は、「生産体験を世間に広げること」が好きだった。皆に生産の喜びを知ってほしい。

この二人のやりたいことがピタリ合致したのが、DASH村でした。

ゼロから村を作ろう。そしてその最高にワクワクする生産体験を、皆に広げよう。

これしかない、と思いました。DASH村で、二人の夢が叶う。

 

DASH村をやろう!と決めてから、僕達は土地を探しました。

知人に全力で当たって、SNSでも土地を募集しましたが、これだ!という土地には出会えませんでした。

 

やっぱり土地探しは難しいな…、と思い、僕は自分のシェアオフィスの隣の起業家にそのことを話しました。

堀元
僕、DASH村やりたいんですよねー。で、土地探してるんですけど、やっぱり良い土地はないですねー。
起業家
俺、千葉に1400坪の土地持ってる
堀元
!?すげえ!なんで持ってるんですか?
起業家
いや、誰かDASH村やってくれないかな、と思って
堀元
ピッタリじゃないですか!!僕がやりますよ!!
起業家
あ、OKです!じゃあ今度土地見学しに来なよ
堀元
奇跡起きた…!)

 

ということで、トントン拍子で話が進みました。世の中言ってみるものですね!

見学したその日の内に、僕達は土地を借りることを決めました。名前を「あの村」に決めて、ワークショップの段取りや集客の段取りを決めました。全て一日で決めました。

土地の貸主である起業家に、僕は心から感謝しています。

そして、「あの村」プロジェクトには彼の思いも乗っています。この土地を買った背景には、彼の思いも詰まっていました。

堀元
どうしてこの土地を買ったんですか?
起業家
俺の身の周りに、「DASH村やりたい!」みたいな奴が結構いたんだよ
堀元
結構いますよね!!
起業家
でも彼らは「やりたい!」って言うだけで、実際にはやらない
堀元
そうですね。
起業家
なんでみんなやらないのかな?って考えた時に、「土地がないから」だと思ったのね。だからDASH村にピッタリの土地を見つけて、思わず買ったよ
堀元
でも実際には皆は…
起業家
そう、やらないんだよ。結局彼らは、誰かがやってるところに乗っかりたいだけで、自分から切り開いていきたくはないんだ
堀元
多いですね、そういう奴。僕らは本気でやりますよ!
起業家
うん!よろしく!頑張って!

 

DASH村をやる人がいればいい、そう思って土地を買ってくれた、彼の思いも乗っています。

 

だから、絶対に成功させたいんです。

 

そして、これから先、きっと圧倒的に多くの人が「あの村」に関わってくれるでしょう。

「あの村」のFacebookページを開設したら、早くも多くの人から応援の声を頂きました。

二泊三日で家を建てるという無謀なワークショップにも、既に四人が参加してくれると連絡をくれました。しかも、一人は僕たちと会ったことさえありません。

 

そんな風に興味を持ってくれる多くの方に関わってもらいながら、「あの村」は大きくなり続けます。

僕と白井、土地のオーナー、そして更に圧倒的に多くの人の思いも乗せて、「あの村」プロジェクトは進んでいきます。

 

皆の思いが乗った、皆の夢が叶う場所として、「あの村」を完成させたい。

 

理念に共感して頂けた方、どうか、Facebookページへの「いいね!」をお願いします。

ご支援ご協力のほど、よろしくお願い致します。

 

(11月追記)公式サイトがオープンしました!

あの村公式サイトがオープンしました!

また、それに合わせて、最新情報と、あの村で実現したいことを全力の文章にしました!

ゼロからの村作り「あの村プロジェクト」本格始動しました!

2016.11.28

是非ご覧ください。

そして現在、あの村公式サイトから、興味をお持ちの方のために、あの村情報についてのメール配信登録を行っています。

興味ある方はお気軽に配信登録して下さい。もちろん無料でございます!

 

 

世界を面白くしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で堀元見@非日常クリエイターをフォローしよう!

広告