天才・アインシュタインですらも老害になりさがった。人は老いる。

こんにちは。数式は嫌いだが理系の学問をかじるのは大好き、ゆるふわ理系男子の堀元です。

 

僕はアインシュタインが好きです。

中学生くらいの頃に、アインシュタインの素晴らしさを示すエピソードを聞いて以来、ずっと好きです。こんなエピソードでした。

 

「相対性理論について、一言で説明してください」

ある新聞記者が、アインシュタインに言いました。はっきり言って無茶振りです。

アインシュタインの切り返しはこうでした。

「大学で講義を聞いている90分は長い。でも美人とおしゃべりする90分はあっという間ですよね?そういうことです」

 

これほど鮮やかな説明がかつてあったでしょうか。とても素敵なエピソードだと思います。

「時間は絶対的な概念ではなく、観測者の状況によって伸び縮みする」を例え話にしちゃったわけですね。

こんな素晴らしい例え話ができるアインシュタインは、ユーモアと教育者性を兼ね備えた素晴らしい人だったのだろうな、と思いました。

 

さて、そんなアインシュタインに関して、良いエピソードが多すぎて書ききれないくらいなのですが、本日言いたいのは「どんな天才であっても、人は老いる」ということを象徴するエピソードです。

こちらの話を、文系の方でも理解できるように、めちゃくちゃざっくりお話しようと思います。

 

物理の全ての基礎 – ニュートン力学

物理には、力学という分野があります。物の運動を扱う分野ですね。

大体の皆さんは、高校時代に習った記憶があると思います。「斜面を転がる球が……」とか、そんなようなヤツです。

こんなヤツ。見ただけでジンマシンが出る方もいるのでは。

 

あの力学というジャンルを作ったのは、アイザック・ニュートンです。めちゃくちゃビッグネーム。りんご落ちて重力発見した話が有名な人ですね。

ニュートンは1687年に、科学に革命を起こしました。

1687年に彼が書いた「プリンキピア」という本で、皆さんが高校で習う力学をほぼ全部完成させました。

【万有引力の法則】とか【運動方程式】とかそういう言葉を習ったと思いますが、それらは全てこの一冊の本で提唱されております。

したがって、この最も基本的な力学を「ニュートン力学」と呼びます。皆さんが高校時代に習ったのはニュートン力学です。

 

ニュートン力学に終わりを告げるアインシュタイン

それから200年以上、ニュートン力学を基本として様々な研究が行われ、物理学者たちは様々な成果を上げ続けます。

ところが、そんなニュートン力学の間違いを示し、ニュートン力学の時代に終わりを告げたのが、アインシュタインの一般相対性理論です。

 

1916年、ニュートンのプリンキピア発表から230年の時を経て、アインシュタインは一般相対性理論の論文を発表しました。

ニュートン力学は根本的に重力の捉え方を間違っている。斜面を転がる球のような身近な運動ではうまく計算できるが、惑星間にはたらく引力などの巨大な力の計算には失敗する。

という旨のことをアインシュタインは発表します。そして、アインシュタインの一般相対性理論こそが、正しく機能する理論である、と。

これを言われた当時の物理学会の偉い人たちは、激怒して否定します。

アインシュタイン
ニュートン力学の間違いを見つけたよ!正しくはこうだよ!
偉い人
そんなワケないだろ!!

これは無理からぬことでしょう。何十年もの研究者人生の間、正しいと信じていたニュートン力学が否定されたのです。到底受け入れられない。

彼が一般相対性理論を発表したとき、全然受け入れられず、アインシュタインは

アインシュタイン
ダメだあいつら。あいつらが死なないと学会は変わらないわ。老害どもが

という意味のことを言ったそうです。

 

アインシュタインは正しかった – 彼は力を持っていく

さて、それから歳月が流れ、実証実験も行われ、アインシュタインの一般相対性理論は正しい、アインシュタインは凄い。そういうムードになってきます。

学会でも、そして世間一般でもアインシュタインはスターになりました。アインシュタインが来日した際、慶應義塾大学で行われた相対性理論の講演は、2000人以上の人を動員したそうです。

テーマが「相対性理論について」という堅苦しいものだったにも関わらず、です。凄いな。俺だったら絶対行かないけどな

 

では、アインシュタインが学会で力を得た後、物理学会は変わったか?

答えは、ノーでした。

 

アインシュタインが力を得た後の学会 – ボーアの出現

アインシュタインの一般相対性理論によって通常の力学は完成し、物理学会の興味は「量子力学」へと移っていきます。

「量子」というのは、ものすごく小さいものを指します。原子とか電子とかそういうものですね。

 

アインシュタインが相対性理論を一人で作り上げたのと同じく、量子力学の基本的なアイデアも、ある男がたった一人で作り上げました。

その男こそが、ニールス・ボーアです。「ボーア」といえば、理系の人間であれば知らぬものはいない、近年の物理学における偉大な研究者です。

 

ボーアの量子力学の基本的なアイデアは「量子は確率的にしか存在しない(状態が1つに定まっていない)」というものでした。

状態が1つに定まっていない、とはどういうことか?

シュレディンガーの猫」という例え話を聞いたことがある人がいるかもしれません。「ある条件を満たした猫は、生きており、同時に死んでもいる」みたいなヤツです。

猫が生きており、同時に死んでもいるという状況、普通は考えられませんよね。我々が見ているマクロ(大きなもの)の世界では、そんなことは起こりません。

しかし、ミクロ(量子1つ分)の世界では、生きている、同時に死んでいる、みたいな状況が発生するのです。

よく分からない人はよく分からないまま置いておきましょう。僕もあんまりピンときてないので深掘りしないでください。

 

さて、このボーアの画期的な説ですが、アインシュタインは許せませんでした。

神はサイコロを振らないという有名なフレーズがありますが、これはアインシュタインがボーアの量子力学を批判して言ったものです。状態は1つに決まるべきだ。確率なんかじゃない!、という意味ですね。

 

ということで、何が起こったか?

ボーア
量子力学の基本となるアイデアを見つけたよ!量子は重ね合わせの状態を取る!
アインシュタイン
そんなワケないだろ!

 

いやいやいや、やってること同じですやん。

かつて自分が嫌った老害たちと同じことを、アインシュタインも後からやっていました。

どんなに革新的なアイデアを持ち出した天才も、結局は人間であり、歳を取るのですね。

 

まとめ – 天才アインシュタインも、老いる

どんな人間でも、歳を取ります。歳を取るほど、全く新しい考え方を受け入れるのは難しくなります。だから、できるだけ若い今の内に、革新的なものを世に出していきましょう。

老いは、僕にもあなたにもやってきます。いつまでも若く柔軟な発想でいたいですが、それは不可能です。天才・アインシュタインですら不可能だったのだから。

 

それでは最後に、アインシュタインの名言を1つ紹介して終わりましょう。

常識とは、十八歳までに身につけた偏見のコレクションである。 

 

 

こちらもオススメ!

カッコいい理系用語と使い方17選【さあ、インテリぶろう!】

2016.12.23

ゆるふわ理系の皆様は、日常会話にカッコいい理系用語を放り込みたいときがあると思います。そんなときのための記事です。

 

世界を面白くしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で堀元見@非日常クリエイターをフォローしよう!

人生相談受付中!



一時間3000円でなんでも相談乗りますよ!

得意な相談は「キャリア設計」「生活コストをゼロにする」「遊び作り」「ビジネス設計」等です

「慶應から新卒で就職せず、遊び作りを仕事にした」「一畳半の物置に住みながら、月10万だけで楽しく暮らしていた」「現在は月額会員制村作りサービスを運営する経営者」という謎の経歴ですので、その知見から色々言えます。

詳しいプロフィールはこちらです。