ワードウルフですぐAVの話になってしまう問題とその対策

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%88%e3%83%ad%e3%82%b9%e7%94%a8%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab-002

こんにちは。非日常クリエイターの堀元です。

僕は「遊びを作ること」を仕事にしているので、面白そうな新しい遊びにどんどん食いついています。

そんな中でも、今特にハマっているのが「ワードウルフ」というゲームです。先日、「ワードウルフが面白すぎる!」という記事も書きました。

新しい遊び「ワードウルフ」が面白い!【新感覚人狼】

2016.11.11

 

で、このワードウルフなんですけど、「すぐAVの話になってしまう」という問題点があります。

 

今日はその問題について、書いてみます。

 

ワードウルフについて

ワードウルフは、ざっくり言えば、「一人だけ違うお題について喋ってる人を当てろ!」みたいなゲームです。

%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%ab%e3%83%95-001

さて、このワードウルフ、極めて面白いゲームなのですが、先日、プレイ中にある事件が起こりました。

 

AVの話になってしまう

その時の多数のお題は「マッサージ」だったのですが、

参加者A
ちょっとエロい言葉だよね

という参加者の言葉から始まり、

堀元
まあ、こういうAVはいっぱいあるよね

という会話に繋がってしまいました。

その後、AVの話でひとしきり盛り上がってしまい、少数派を探すという本来のゲームの目的から逸脱してしまいました

 

それだけで終わればよかったのですが、一度AVの話で盛り上がってしまうと、皆の脳裏にAVの残像が残るのです。

僕はこれを、「AVの楔(くさび)」と読んでいます

 

次のゲーム、多数派のお題が「プール」だったのですが、参加者の第一声は

参加者A
まあアレだよね…AVに出てくるよね

でした。

そう、AVの楔が打ち込まれているので、もうAVの話をせずにはいられないのです。

 

ちなみにこの後、「筆」というお題もありましたが、もちろんAVの話になりました。

 

さて、今回はこのAVの楔問題に切り込んでみようと思います。

 

なお、この時は男だけでゲームをやっていたので上記の体たらくでした。さすがに女性がたくさんいたらこうならないと思います。

今回の考察においては、AVの楔を避けるのが最も困難であると思われる「男だけのゲーム」という状況を想定します。

 

なぜAVの楔が生じるのか?

まずは、AVの楔が生じる原因についての考察から。

AVの楔が生まれる原因は、以下のワードウルフの特徴①②です。

 

ワードウルフの特徴①:「二人の会話」が多い

さて、このワードウルフはある程度の人数でやるゲームなのですが、ゲームの特徴上「二人の会話」が非常に多くなります。

堀元
君はどう?これ好き?
参加者
うーん、まあまあ好きですねえ

というように、「誰かに探りを入れる」という会話が非常に多くなります。

 

ワードウルフの特徴②:会話が盛り上がらないことが多い

ワードウルフは、普通の会話に比べてかなり頭を使って会話します。

「どの情報を口にするべきか」とか「相手は自分と同じお題か」とかいったことを考えながらの会話になるので、ぶっちゃけ会話はあまり盛り上がりません。

加えて、特徴①で見たように、二人がメインになる会話なので、ワイワイガヤガヤの空気にはなりづらく、盛り上がってる感じとは無縁です。

 

仮説:参加者は、二人の会話を盛り上げたい

特徴①②から言えるように、ワードウルフでは、二人での会話で寂しい感じになってる時間が長いのでしょう。

そしてゲーム参加者も人間ですから、いかにゲーム内の会話とは言え

参加者
もっと盛り上がりたい!!

という心理状態になるのは当然と言えます。

 

そこで、重要になるのが「AVか人生の法則」です。

 

AVか人生の法則

「AVか人生の法則」という法則があります。

いや、ありますっていうか、僕が勝手に考えた言葉なんですけど、

男二人で話している時に盛り上がる話題は、人生の話(極めて高尚な話)かAVの話(極めて下等な話)のどちらかだという法則

です。

中間くらいの話(食べ物の話とか、趣味の話)はそんなに盛り上がりません。盛り上がる話は、両極端です。

 

そしてこの法則、名前を聞いたのは初めてでも、実は多くの人が実感しているはずです。

 

盛り上げたい参加者が頼るのは「人生かAVの法則」

「会話を盛り上げたい!」という参加者の気持ちと、深層心理にある「人生かAVの法則」が合体した時、AVの楔は生まれます。

盛り上がりを求めた結果、ついうっかり、AVの話をしてしまうのです。

「人生についての話」は、ワードウルフに放り込めるほどあっさりした話ではないから、残るのは自ずとAVになるのです

 

以上、AVの楔が生じる原因を明らかにしました。

 

AVの楔への対策

続いて、対策を考えました。ワードウルフがAVの波に飲まれてしまわないように。

 

エロスを感じる単語を入れない

こちらはゲーム運営者側の問題ですが、事前にちょっとでも「エロスを感じるな」と思ったらその単語は抜きましょう。

正直、男は何でもAVの話に結びつけることができるので、完全に抜くのは難しいのでしょうが、それでも運営側が心がけるかどうかで結果は全く違います。

引き金となる単語さえなければ、AVの楔は打ち込まれにくいのです。

 

今回の例で言えば、「マッサージ」でAVの話をしてしまったから、その後もどんどんAVの話になったのです。

僕は頑張れば「鉄棒」からAVの話に持っていくこともできますが、さすがに前フリ無しでいきなりAVの話に持ち込むのは難しいです。

「マッサージ」さえ無ければ、どんどんAVの話になることも無かったでしょう。

 

「AVの話限定ワードウルフ」を作る

逆にもう、「AVの話しかしないワードウルフ」をやっちゃうという発想もありです。

お題も全部AVのシチュエーションとかオトナのおもちゃ的なものにして、ずっとAVの話をする。

ここで散々AVの話をしておけば、もう飽きてしまっているから、普段のワードウルフでAVの楔は生じないでしょう。

 

書いてて思ったんですが、「AVの話限定ワードウルフ」ってめちゃくちゃ面白そうですね。今度開催しますわ

 

 

「少数派の言葉だけたまにエロい」というルールにする

一番現実的な解決策はこのルールかもしれません。

「少数派の言葉だけたまにエロい」という指定があれば、

参加者
あ、これAVを感じるね

とか言うと、

堀元
お前少数派じゃない?

と疑われることになるので、おいそれとはAVの話ができなくなります。

 

ルール的に解決するとしたら、これが一番エレガントなのでしょう。

唯一の問題は、自分がよほど特殊な性癖であると自覚している人が、

参加者
皆にとっては全然普通の言葉だろうけど、俺はこのAV見る!!

と、謎の宣言を始める可能性があることです。

もうその場合は、手のうちようが無いので諦めましょう

 

 

以上、ワードウルフにおけるAVの楔問題と、その解決についての分析でした。

意見がありましたら是非お聞かせ下さい。

 

 

関連記事-ワードウルフについての詳細はこちら!

新しい遊び「ワードウルフ」が面白い!【新感覚人狼】

2016.11.11

 

 

世界を面白くしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で堀元見@非日常クリエイターをフォローしよう!

広告