プロジェクトXが終わった理由-面白くないよりは嘘つきでありたい

484738

僕は結構行動基準を「面白さ」で決めている。

新卒からいきなりフリーランスになったのも、それが一番面白かったからだ。

僕が大学4年生で、「進学も就職もしない」と決めた経緯

2016.04.29

そして、面白いのが善で、面白くないことこそが悪だ、と思う。

 

ところで、「プロジェクトX」というNHKの番組があった。僕はあの番組がたいへん好きで、しょっちゅう見ては心を高ぶらせていた。

プロジェクトX 挑戦者たち 運命の最終テスト ~ワープロ・日本語に挑んだ若者たち~[DVD] / ドキュメンタリー

価格:1,826円
(2016/7/21 16:17時点)
感想(0件)


特に好きな回がこれだ。エンジニアとかモノづくりが好きな人なら絶対に燃える「ワープロ作り」の話。

昔「日本語の文字入力は、ごく限られた能力者しかできなかった」ところから、普通の会社員が日本語を入力できるようにするエンジニア達の悪戦苦闘が描かれる。

 

こんなにも面白い番組だったのに、終わった。その大きな理由として「やらせ」が挙げられている。

今日は、「やらせ」について書いてみようと思う。

 

「やらせ」?別によくね?

早速だけれど、僕個人としては、別によくね?と思ってしまう。

プロジェクトXの「やらせ」が問題になった時期をもう少し詳しく調べてみる。それは、番組の視聴率が低迷していた頃のことだ。

番組がマンネリ化していく中で、事実から離れた過剰な表現が目立ってしまったのだ。

特に問題になったのは、「ファイト!町工場に捧げる日本一の歌!」という回の表現である。

「町工場を讃える歌を歌う合唱部が日本一になる」という旨の回で、当時の高校の状況を説明するために、「荒れ果てた高校の合唱部が〜〜」という表現が用いられた。

しかし実際にはそれほど荒れていたわけではなく、制作側がインパクトを与えるために一部の実態をオーバーに盛り込んだらしい。これが問題になった。

もう一度言おう。「別によくね?」と思ってしまう。

偏向報道は多いに問題だと思う。間違った情報を振りまいてしまうことは社会にとって悪だ。

だけど、プロジェクトXは別にその学校の荒れ方を表現したかったわけではない。

プロジェクトXは報道をしたり情報を伝えるための番組ではなく、情熱を持つ人々のすごさとドラマを描くドキュメンタリーである。したがって、学校の情報が正確に伝わっていなくても構わないと思う。

「すごく荒れた学校だった」という表現に対して、OBは違和感を覚えることもあるだろう。

でもそれは学校のイメージダウンにつながるものではない(何しろ、合唱部が良い結果を出すドラマ、という文脈で作られているのだから)。

にも関わらず、「事実と異なっているから」という理由で叩かれてしまった。

事実と異なっているのは、なんら構わないのではないか。
と、僕は思う。

 

事実と異なる話なんていくらでもある

よく似た現象として、芸人がエピソードトークをする際に、話を「盛る」ということがある。

実際には20cmくらいであったにも関わらず、「40cmくらいのトカゲが出てきたんですよ!」という話をする。

これは大なり小なり誰もが行っていることだろう。芸人に限らず、私たちの誰もが。

エピソードを話す上では、正確さよりも面白さを重視しているのだ。

これは、「エピソードトーク」が「面白さ」のために存在するからだ。情報を伝えることが目的ではなく、面白さを与えることがメインだ。

したがって、話を盛ることで「正確さ」が損なわれるのは問題にならない

僕は、「プロジェクトX」は「面白さ」のために存在すると思っている。だから、話を盛るのは問題ないと思う。正確さが損なわれたとしても。

 

正確なものは大抵面白くない

面白い番組にするには多少正確さが損なわれるのは仕方ないのだ。教科書が面白くないのは正確だからだと思う。

世の中はみんな「面白さ」を求めているのにも関わらず、「嘘つきは悪だ」という薄っぺらい道徳観でコンテンツを評価してしまう。

したがって「面白くて正確」を求めるのだけれど、それは無理だ。面白さと正確さは二律背反なのだから。

「面白さ」がウリのコンテンツには、「正確性」を求めるべきではない。

つまらないよりは、嘘つきであるべきだ。

積極的に嘘つきを肯定しよう。面白いコンテンツが「不正確」という理由で消されてしまわないように。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で堀元見@非日常クリエイターをフォローしよう!

広告