弊社のオフィスは【誰でも出入り自由、家具パクるのOK】にします

こんにちは。株式会社つくってあそぶという会社を経営しております。業務として、主に村を作っています。堀元です。

さて、村を作るのに忙しすぎて、弊社はまだ満足にオフィスすらないんですけど、さすがに今度オフィスを借りようと思ってます。

でもね、一つ問題があって、普通のオフィスって全然面白くないじゃないですか。

せっかくだから最高にクレイジーで最高にクリエイティブなオフィスにしたいのです。

できれば、Googleのオフィスに勝ちたいのです。

 

でもまあ、予算はもちろんないので、コンセプトで戦うしかないでしょう。

きっと、いいアイデアを出せばGoogleにも勝てるはず。アイデアは最強の武器ですから。レイ・カーツワイルもそう言ってます。

(前略)正しいアイデアには、一見すると手も足も出ないような難題を解決する力がある、ということだ。

それから今に至るまで、わたしは、この基本的な考え方を強く信じている。仕事上の問題、病気、人間関係、さらには、現代の科学や社会や文化における大問題など、どんな困難に遭おうとも、それに打ち勝つことのできるアイデアがあるはずだ。そのアイデアは、きっと見つかる。

レイ・カーツワイル「シンギュラリティは近い」より引用

 

と、何かそれらしい引用をしてみました。ちなみにこの本1000ページ以上ある骨太な本なんですが、僕は前書きしか読んでません。でも上記の文章に感動したので、きっといい本だと思います。

 

シンギュラリティは近い―人類が生命を超越するとき
NHK出版
売り上げランキング: 10,838

 

話は逸れましたが、まあ要するに、

堀元
低予算だけど人から「面白い!」と思ってもらえるオフィスが作りたい!

ということです。

で、まあ思いついたのが、僕のお家芸「とにかくオープンにする」というものでした。

  1. 鍵は常に開けっ放し。
  2. 誰でも無料で気楽に入ってきて良いし、好きなだけ過ごしていい。
  3. もちろん泊まってもいい。
  4. ただし、社員の機嫌次第で突然追い出されることがあります。

くらいの、ゆるいオープンオフィス構想。

でもね、これあんまり尖ってないですよね。僕は何もかも尖らせるのが好きなのです。

そこで考えました。

堀元
「誰でも気楽に入ってきていい」くらいだと弱いな…
堀元
物をパクってもいい」くらいだと尖ってるな…
堀元
……やるか!?

ということで、上記4つのルールに加えて、物を自由に持っていっていいというルールにしようかと思います。

  • 気に入ったものがあったら持って帰っていい(家具家電も含む)
  • ただし、持って帰った後(もしくは前)に、なるべくそれと同じかそれより良い物を持ってくる
  • 要らないものがあったら是非持ってきて下さい(誰かが持っていくので)
  • 弊社としては、何ら家具家電を用意しません

こんな感じ。

肝心なのは4番目のルールです。内装にお金をかけたくないので、僕らは一切家具家電を用意しません。というか、何ならお茶菓子とかお茶っ葉も用意しません。

誰かが持ってきてくれるのを待ちます。僕らが家賃払うので、中身は皆さんが充実させて下さい、的なスタンス。

当然、最初は【ダンボール一つのみ】からスタートします。

僕は自分のMacBookをダンボールに置き、床に座って作業します。そういうオフィスです。

皆さんもこのスペースを自由に使っていいので、何か持ってきて下さい。

 

そんな感じのオフィスにしたいと思ってます。

 

起こると予想されること

皆がおもちゃを持ち込んで、ユルいサークルの部室みたいになる

これ、起こりそうですねえ。望むところです。

そういう空間を僕は好みます。淀んだ空気バンザイ!

大人になったら通える部室ってなくなっちゃいますからね。作ろうよそれ。

 

ガラクタだらけになる

僕、実家に住んでた頃、やたら大きい部屋だったので、皆がゲームとかおもちゃとか置いていきました。

任天堂ゲームキューブのコントローラーなんて7個ありましたからね。4人までしかプレイできないのに。

その結果、

堀元
何か俺の部屋、ガラクタまみれだなあ…

ってなりました。

よく分からないものは容赦なく捨てたんですが、思えばあのガラクタまみれも楽しかった。

 

思ったよりいいものが持ち込まれる

不思議なもので、思ったよりいいものを提供してくれる人がいるのが世の中です。

よくいるじゃないですか、一品持ち寄りパーティにすごく高いケーキを差し入れてくれる人

そういう人の存在を僕は信じています。

多分、このオフィス始めたらまたたく間にいい感じのソファやいい感じのテーブルが揃うと信じています。

 

 

さて、今日の主張はもう終わりなんですが、簡単にQ&Aを。

 

Q&Aコーナー

何でも引き取るの?

基本的には何でも引き取ります。皆の家にあるガラクタが集まってきたら面白いからです。

ただし、手狭になってきたら容赦なく捨てます

 

あと、捨てるのにお金がかかるものはお断りするかもしれません。粗大ゴミになりそうなものは事前にご相談下さい。

トーテムポールとか、木でできていてバラしたら薪になりそうなものは問答無用で引き取ります。冬にあの村で燃やします。

デカくて動かすのキツい…みたいなものは、僕らが軽トラで引き取りに行きます。ご相談下さい。

 

オフィス内の物、勝手に持っていっていいの?

勝手に持っていっても別にいいですが、椅子とかを勝手に持って行かれると「あれ?椅子もう一個なかったっけ?」って混乱するので、一応一言声かけてほしいです。

 

人が集まり過ぎたらどうするの?

さっきもいいましたが、「社員の機嫌で突然追い出されることがあります」というルールにご同意下さい。

堀元
ちょっと手狭になってきたから、◯◯さんそろそろ帰って!

みたいな感じ。

 

いつから始めるの?

早くて来月。遅くとも年内には始めたい(願望)

資金繰りヤバそうだったら、初期費用集めるクラウドファンディングするかもしれない。

 

どこでやんの?

メトロ副都心線・有楽町線の千川駅徒歩6分に、家賃43200円・9畳の事務所物件があったのでそこにするかもしれない。

もっといい物件があったらそこにします。情報あったら教えてくれ。

 

名前は?

悩み中だけど多分、「要らないものオフィス」みたいな名前が良さそうだよね。

スペースには「株式会社つくってあそぶ 要らないものオフィス」という看板を出しておこうと思います。

何かいい名前あれば提案して下さい。

 

以上、要らないものオフィス始めるよう!って話でした。

物件情報等ある方いらっしゃったら教えてください。

 

世界を面白くしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で堀元見@非日常クリエイターをフォローしよう!

リアルDASH村、やってます!



「あの村プロジェクト」というプロジェクトをやっています。

千葉県鴨川市1400坪の土地を舞台に、皆で相談しながら一つの村を作り上げていくプロジェクトです。

村民は絶賛募集中ですので、以下の公式サイトをご覧あれ!