18歳無職の少年を一から育てることにしました!

こんにちは。あの村村長の堀元です。

 

僕に弟子ができました

 

冗談みたいな話なんですけどね、弟子ができたんですよ。

しかもね、18歳無職

いやあ、嬉しいですね。

 

僕、実はめっちゃ教育が好きなんですよ。教育っぽいエントリもちょくちょく書いてます。これとか。

マシュマロ実験に見る大人の欺瞞-若者よ、騙されるな!

2016.12.26

 

だから昔から、二言目には

堀元
あ〜、弟子できねえかな〜。弟子欲しいな〜!

と言っていました。

この度、ホントに弟子ができた訳です。言ってみるもんですね!

 

さて、そんな僕になぜ18歳無職の弟子ができたか、これから何をするのか、書いてみます。

 

弟子との出会い

ある平日の夜、旧友と飲み会をしている時でした。僕のスマホに一件の着信がありました。

堀元
知らない番号だな…

と思いつつ、僕は電話番号を公開しているので、とりあえず出ることにしています。

つまらなさそうな電話だったら、「すみません今忙しいので!」と言って切り上げます

 

堀元
はい堀元です。
えーっと…あの…あの村プロジェクトのCAMPFIREのページを見て…支援を…検討してるんですけど…
堀元
(だいぶ喋りが鈍い奴から電話来たな…)
堀元
(営業ボイスで)そうなんですね!ご連絡ありがとうございます!

あの村プロジェクトの責任者の堀元と申します。何かご不明な点などございましたか?

えっと…そうじゃないんですけど…一度直接会って話を聞きたいなと思って…
堀元
そうなんですね!ありがとうございます!是非お願いします!(以下日程調整のセリフ…)

 

という感じのファーストコンタクトでした。

僕は正直

堀元
っしゃあ!!また一人見込み客ゲット!絶対5万出させよう!

と心に決めました。(5万は1年間村民になれるコースの支援です)

一応言っておきますが、僕は悪徳商法の人ではないです

 

高校を辞めた18歳

いよいよ当日、僕のオフィスに彼が現れました。

堀元
どうぞこちらへおかけ下さい
あっ!あの…はい!
堀元
(色々ヤバいな…)

礼儀がなってないコミュ障が来たわ!ぐらいの認識で話し始めました。あの村の概要についてざっくり説明していきます。

で、少し打ち解けてきたので世間話的な方向に話を振りました。

堀元
◯◯さん、お若いですよね。おいくつでしたっけ?
18です
堀元
ってことは…高校生ですか?
こないだまではそうでした。
堀元
ああ。卒業したんですね。
いや、中退しました
堀元
!?
高校三年生の3学期で中退しました
堀元
卒業まであとちょっとじゃないですか
そうですね。卒業まであと3ヶ月っていう段階でした
堀元
なんでまたそんな時期に中退したんですか?
高校辞めたいな、ってのは一年生の頃から思っていて、でも結局親とか周りの人の意見に流されて辞められずにいたんですよ。
堀元
ほう。それで三年生まで来てしまった、と
そうです。でもこのまま高校を辞められずにいたら、結局ズルズルずっと周りに流されるままになってしまうんじゃないかと思ったんです。辞めておくべきだな、と
堀元
すげえ!!ロック!
それで、親の反対を押し切って高校を辞めました。

 

18歳の「やりたいこと」

堀元
で、この後はどうするんですか?大学に進学する?
一応大学には受かってるんですけど、一日も行くつもりはありません
堀元
凄い!!でも入学手続きは済ませたってこと?
そこは親の意見に屈してしまって…
堀元
大学に行かないのは何でなの?
必要ないものに何年も時間とお金を使うのがムダだなって思ったんですよ。それよりも自分がやりたいことをさっさとやったほうが良いな、と思って
堀元
やりたいこと、とは?
僕もそれこそ村作りみたいな、原始生活というか、資本主義的でない暮らしのコミュニティを作りたいなと思ってました
堀元
それであの村を見つけたんだ?
そうなんですよ。やられたな、と思いました。僕もこういうのをやりたかったんです
堀元
それで連絡をくれた訳ですね!
そうですね…。自分でやろうと思ってたんですけど、既にやっている方がいるならそこに混ぜてもらう方が早いし成功もしそうだなと思いまして…
堀元
なるほどなるほど。じゃあ是非村民になって頂いて…
いや、それがですね!
あの…ホントに…ここまで頑張ってきた皆さんに、軽い気持ちで言えることじゃないのは自覚してるんですけど…
その…僕が興味があるのは…仕組みづくりとか、むしろどうやってプロジェクトを始めていくかっていう部分で…
だからその…運営側として参加させて欲しいんです。消費者に回るんじゃなく。

 

70万借りてきました

堀元
じゃあもっと色々聞かせてもらおうかな。面接代わりに!
はい!
堀元
資本主義的じゃないコミュニティが好きっていうのは、どういうきっかけなの?
それは、経済という巨大なシステムの中で働くことで幸福から遠ざかっていくと思っているからで…

(以下、10分に渡る濃厚な労働・資本・マルクス主義等についての議論

 

〜〜議論終わり〜〜

堀元
お前やるな
堀元
18歳でここまで労働や資本主義について話せる奴初めて見た。
ありがとうございます。いつもこんなことばかり考えて暮らしてました

 

堀元
なるほどねえ。君の頭の良さは理解したんだけど、正直今スタッフは数が足りていて…
あっ!ちょっと待って下さい!
堀元
…??
ノコノコ現れて混ぜてくれとか言って、都合の良いこと言いやがってって思われるのは分かってました。だから、70万借りてきました
堀元
!?!?
親を必死で説得して、70万借りました。運営に混ぜてもらえたら、覚悟の証明として、この70万をクラウドファンディングに支援するつもりです
あの村のクラウドファンディングの最高額の支援は70万

 

堀元
……(凄いこと言い出したぞこいつ
だから、どうか運営に…
堀元
あー、待って待って!分かったからちょっと俺の主張を聞いてくれ!
堀元
まず、前提として

  1. 僕たちは能力・役割がしっかりしていない人をスタッフにしない
    (ダラダラ運営を増やすようなことはしない)
  2. 特に、どんな役割にせよ必要になる基礎的なコミュニケーション能力や礼儀といった要素は重要視している
  3. 君はその基本的な部分が足りていない

っていうのが、僕の今の率直な印象です。

はい…
堀元
でも、だから門前払いって訳じゃなくて、君ほどの頭脳明晰さと行動力を持った奴はホントに貴重で、僕は大好きなんだ
堀元
だから、半年間で僕が君を育てよう。君のその明晰な頭脳が活かせるように、半年間で僕が色々と教育するよ
はい
堀元
70万は親御さんに返しなさい。僕が血も涙もないビジネスマンだったら、その70万は巻き上げてたところだったぞ。笑

 

これからやること

ということで、僕は彼を教育しようと思います。

これは、教育者として非常に大きな喜びです。たった一人の弟子をじっくり時間をかけて育てることができる。

そして、彼は基本的な礼儀等が色々めちゃくちゃですが、びっくりするくらい頭脳明晰で、圧倒的な情熱があります

彼が、一人で大きなプロジェクトを動かせるように、自分の作りたいものを作り出せるように、育ててみせます。

 

とりあえず、今やってもらっていることは

  • あの村メルマガの運用
  • あの村の会計業務
  • Webマーケティング周りの勉強

等ですね!種々の仕事をこなしてもらいつつ、人生訓や仕事論についてディスカッションをしています。

フルタイムで誰かをじっくり教育できるってすごく嬉しいことです。

僕が教育者として昔からやりたかったのはかなり原始的な”徒弟制”なのですが、今回のこの形はそれを実現できていると思います。

 

この18歳無職の少年が成長していく様子も、時折記録として書いていきます。

また、彼自身のSNSアカウント等をお披露目できる日も(多分)近いと思いますので、是非その日をお待ち下さい。

このブログを書くことを彼に伝えたら、実名顔出しは勘弁してくれとのことだったので、今回はお披露目は避けます。

実名顔出しを嫌がる時点で発信力の重要さを軽視してます。まだまだですね!笑

その辺についても少しずつ教育して参ります!

 

以上、僕に弟子ができた報告と、「18歳無職を育てる」シリーズの記事第一弾でした。

さて、これからどうなっていくかな!楽しみですね!!

 

ちなみに、彼が書いてるメルマガを読みたい方はあの村プロジェクト公式サイトから登録できますよ!

是非ご覧くださいませ〜!

 

世界を面白くしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で堀元見@非日常クリエイターをフォローしよう!

リアルDASH村、やってます!



「あの村プロジェクト」というプロジェクトをやっています。

千葉県鴨川市1400坪の土地を舞台に、皆で相談しながら一つの村を作り上げていくプロジェクトです。

村民は絶賛募集中ですので、以下の公式サイトをご覧あれ!