本日、僕の人生を賭けたクラウドファンディングが始まりました

こんにちは。非日常クリエイターの堀元です。

突然ですが皆さんは、交流会で名札を書けと言われた時になんと書きますか?

僕はいつも、

  • 堀元 見(ほりもと けん)という名前を縮めて「ホリケン」
  • 話題作りを狙う時は「非日常クリエイター」

と書いてたのですが、最近はもっぱら

「村長」

と書くことにしています。

というのも、僕はあの村という村作りプロジェクトをしておりまして、最近はそれにかかりきりだからなのです。

ゼロからの村作り「あの村プロジェクト」本格始動しました!

2016.11.28

あの村プロジェクトは、誰でも簡単にDASH村のような村作り体験ができるサービスです。

顧客は皆、自由に創造性を発揮しながら色々なものを作っていくことができる、世界で最も創造的な遊び場です。

その他、詳細なサービス紹介はあの村プロジェクト公式サイトまで!

 

そして本日、あの村のクラウドファンディングページをオープンしました。

僕は、このクラウドファンディングに人生を賭けています

もうね、めちゃくちゃ本気です。

このクラウドファンディングが失敗したら就職しようと考えている程度には本気です。

なぜこのクラウドファンディングに人生を賭けているのか、ご説明しましょう。

 

「あの村」を本気でやる理由

遊びを作り続けた一年間

僕は昨年一年間、ずっと遊びを作ってきました。そりゃもう色々な遊びをやりました。

浮き輪で島を作るという新しい海の遊びを考案したり、

 

目隠しでディズニーランドをまわるという新しいディズニーランドの楽しみ方を提案したり、

 

フェチをTED風にプレゼンするというプレゼンイベントをやったりしました。

 

大小合わせて30以上の企画を実行する中で、最も手応えがあったのは、「二泊三日で家を建てるワークショップ」でした。

これはホントに面白かった。二泊三日で家を建てるワークショップもうね!ホントにこの時は最高だったんですよ!!何が凄かったって、参加者の暴れっぷりが凄かった。

二泊三日、同じ釜の飯を食いながら過ごしたことで、参加者の親密度はマックスでしたから、誰もが気兼ねなく色んなことに挑戦していました。

家を建てるワークショップなのに、ずっとお玉を作ってた奴とかいましたからね。

竹でお玉作りたいんですけど、挑戦していいですか?

と、参加者から聞かれた時は、僕も思わず

堀元
お玉!?!?

と、目を白黒させたものです。これって、奇跡的な現象だと思うんです。

主催の僕でさえ全く予想できない新しい発想が生まれる参加者が自分の欲求を爆発させることができる

これこそが、理想の遊び場じゃないかな、と思ったんです。

 

生産する娯楽を作る

僕が遊び場作りをしていく上で大切にしている理念が、”生産する娯楽”を作るということです。

お客さんが、「あれやりたいこれやりたい」と言って、自分から色んなことに挑戦してしまうような遊びが、”生産する娯楽”です。

インストラクターに「ああしてくださいこうしてください」と言われて、言われたことをやるのが、”消費する娯楽”です。

僕は、”生産する娯楽”こそが本当に面白い娯楽だし、生産する娯楽を生み出したかった。

 

それが生み出せるように色々な遊びを作ってきましたが、一番”生産する娯楽”を実現できたのは、二泊三日で家を建てるワークショップでした。

堀元
一番、”生産する娯楽”を実現できるのは、あの村だ

そう思いました。

 

それから、”あの村”では、色々な企画を実施してきました。

参加者は毎回、すごくいい顔をしてくれます。

「すごく楽しかったです!」と言ってくれるその言葉が、生産する娯楽の面白さを示しています。

あの村が、生産する娯楽を体現できていることを示しています。

 

だから、僕は「あの村」に人生を賭けることにしました。

この最高に面白い村作り文化を、事業として羽ばたかせたいと思いました。

自分で家を建てるワクワクを、森の中で思いつきで何かを生み出す喜びを、皆に届けたいと思いました。

あの村は、世界で最も創造的な遊び場にしてみせます。

 

成功したらどうなるの?

あの村は、世界初の顧客参加型村作り事業です。

成功すれば、全く新しい娯楽ブランドが生まれます。

そして、村作りを題材にした超ワクワクする事業に派生していくことができます。

一番分かりやすいのは、島を買うことですね。僕の皮算用だと、一年しっかり事業として動かした後、島を購入する予定です。

自分たちで島を購入して、皆で発展させていく「あの島」という遊びができます。

もっと言えば、同じくらいのサイズの島を二つ購入して、どちらがより島を発展させられるかで競うとめちゃくちゃ面白くなりそうです。

 

また、新しい村のでき方を見ることができるので、社会実験としても非常に興味深いです。

これだけITが発達した現代において、重機も入れずにゼロから村を作る試みをしている人は恐らく存在しません。

果たして、この自由な環境で、人々は

  • 何をどのように作り始めるのか?
  • コミュニティはどのようにできていくのか?
  • 何に重要さを見出すのか?
  • 産業は生まれていくのか?

そんな疑問の答えを出すことができます。僕は実は社会実験が大好きなので、ものすごくテンションが上がります。

 

どんなことやるの?

堀元
村作りしてるんですよ!

と言うと、多くの人に聞かれる質問がこちら。

へえ!電気とかは来てるの?

これに対する僕の答えはこうです。

堀元
来てないですし引かないですよ!太陽光発電や風力発電で十分ですから!

 

そう、あの村ではインフラ作りからやります。

そうは言ってもネット回線だけはどうしようもないので、NTTに引いてもらっている途中です。

 

温泉を掘ったりもできますし、ゲストハウスを運営したりもできます。あなたのアイデア次第でやれることは無限大!!

 

どんな村にするの?

これもよく聞かれるんですけど、ぶっちゃけ分かりません

なぜなら、あの村は僕たち運営が設計図を描いて作っていくようなものではないからです。

お客さん一人一人が創造性を発揮して

あの木にツリーハウス作りたい!

とか、

ここを畑にして、トウモロコシを作りたい!

とか言い出します。それに対して僕たち運営は、

堀元
いいね!!やっちゃいましょう!!

と答えます。

皆のアイデアや、やりたいことの願望を叶えながら進んでいくのが”あの村”です。設計図はありません

 

むだそくん
何だよそれ!!ちゃんと考えろよ!

という批判もありますが、僕らが死ぬほど考えて出した結論が”設計図は作らない”でした。

だって、設計図を作って「ああしてくださいこうしてください」って言ってしまったら、それってつまらない仕事になってしまいますよね?

その場で湧き上がる「あれやりたい!」を実現できるのが娯楽です。最高に面白い遊びなのです。

 

むだそくん
そんなこと言ったって、設計図なしじゃグダグダになるんじゃない?

その通りです。誰も責任を取らずに適当に走らせたら、きっとグダグダになるでしょう。

グダグダにしないために、僕たち運営スタッフは24時間365日常駐します

計画倒れに終わりそうなものがあるとき、揉め事が起こったとき、僕たちが全ての責任を取ります。

だから、グダグダにはなりません。最高の村作り体験をお約束します。

 

支援したら何があるの?

今回のクラウドファンディングでは、支援して頂いた方のために豊富なリターンをご用意しました。

代表的なリターンだけ、ここで紹介しておきます。

スタードーム一泊権【5000円】

スタードームとは、竹を利用して作るドーム状のテントです。

竹のしなやかさが伝わり、自然と一体になれるこのスタードームの宿泊権(夕食、送迎付き)が5000円のリターンです。

特にオススメは夏です。あの村にはたくさんのホタルがいますから、スタードームの中でホタルと戯れる体験ができます。

 

あなたの名前の木を植樹できます【2万円】

あなたや、あなたの大切な人の名前をつけた木を植樹できます。

そして、毎年誕生日には元気に育った木の様子をお送りします。

一生の記念になること間違い無しです。こちらのリターンを2万円でご提供!

 

村民権(一年分)【5万円】

そして、目玉リターンがこちらです。

あの村の村民税、定価は「一ヶ月6200円」です。

これだけを払えば、住むこともできるし、1400坪の土地を使い放題です。あの村の予算を使って家づくりまでできちゃいます。

そんな、ただでさえ格安な村民税が、クラウドファンディング期間だとよりお得になります。

村民権一年分は、6200円×12=74400円が定価ですが、クラウドファンディング期間は、【5万円】でのご提供です。

こんなオトクな機会は二度とないですからね!!村民になりたい方はこのタイミングで出資するしか無いですよ!!

 

クラウドファンディングページはこちら!

さて、皆さんそろそろ思っている頃だと思います。

むだそくん
結局そのクラウドファンディングページはどれやねん!!

と。

こちらになります!じっくりしっかりご覧くださいませ!!

究極のエンターテイメントとしての村作り-あの村プロジェクト

 

繰り返しになりますが、僕はこのプロジェクトに人生を賭けています。

何としても成功させて、村作りという全く新しい娯楽の魅力を、皆様に提供していこうと思っています。

そのために、あなたの協力が必要です。

どうかご支援と拡散のご協力を、よろしくお願いいたします。

 

あの村 村長 堀元 見

 

 

世界を面白くしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で堀元見@非日常クリエイターをフォローしよう!

リアルDASH村、やってます!



「あの村プロジェクト」というプロジェクトをやっています。

千葉県鴨川市1400坪の土地を舞台に、皆で相談しながら一つの村を作り上げていくプロジェクトです。

村民は絶賛募集中ですので、以下の公式サイトをご覧あれ!