思い出に残る誕生日プレゼントとは何か?の答えを感じた話

Cg-dyvfUoAE-ddd.jpg_large

去る4月30日、僕は24になりました。

つまり誕生日だった訳ですが、本当に多くの方に祝っていただきまして、ありがたい限りでした。

何もなしていない状態で24になってしまったことを呪いこそすれ、祝う理由はないと思うのですが。

で、今までもらったことのないようなものをたくさんもらって、「プレゼントって凄いな」と感じたので、それについて書き残しておきます。

24歳くらいのひねくれ者男子が喜ぶプレゼントを知りたい人は要チェックだ!

 

プレゼント① 競馬のレース名

Cg-dyvfUoAE-ddd.jpg_large

 

最初は「凄い勢いで合成写真作って来たなこいつ」って思ったんですが、ガチでした。

僕は「ムダ祭り会」というイベント団体を運営しているのですが、そのスタッフとして参加してもらっている年上男性が中心になって、スタッフの皆が送ってくれました。

金沢競馬場のレースの名前を「祝24歳!堀元見ムダ祭り杯」としてくれました。

 

記念に買って帰ったスポーツ新聞がこちら。

DSC_0856

完全に載ってる!すげえ!

ちなみに、このスポーツ新聞を買いに行ったのは夜中だったので、夜中のコンビニで一人でスポーツ新聞をめくってテンション上がってる僕はかなり異様だったでしょう。

ちなみにこの欄の隣がアダルト面だったので、より異様だったと思います。

 

プレゼント② イタリアンレザーの名刺入れ

DSC_0920

 

シェアハウスひだまりの上司からもらった名刺入れです。

これからも、きっと予想外のことがあると思うけど、一緒に頑張ろう」というメッセージが添えられていました。

このプレゼントの何が素晴らしいって、彼は僕の行動を見ていて、プレゼントを選んでくれたのでしょう。

僕はフリーランスとして仕事に繋がることを常に探していて、隙さえあれば名刺を色んな人に配っていました。

そのくせ、名刺入れはちゃんとしたものをもっておらず、800円くらいの安物で暮らしていました。

僕がそんな名刺配りをしているところを、彼は見ていました

「プレゼントはその物自体よりも、選んでくれる時間が重要」というありふれた言葉がありますが、この名刺入れはそれを痛感しました。ピシャリ過ぎて言葉が出ない。

メッセージもまた泣ける。ちょうど僕が想定外のことに悩んでいる時期でしたからね!

 

 

プレゼント③ でかい熊のぬいぐるみ

DSC_0874

 

とにかくデカい!

そしてなぜか2個ある!

 

インパクト勝負という意味では、トップに躍り出ています。

しかもこのプレゼントの何がすごいって、「かぶせ」を活用していることです。

この熊、最初は一匹だったんですよ。

誕生日の前日に白い方をもらって、混みまくりの田園都市線に乗って、やっとの思いで持ち帰りました。

そしたら、誕生日当日に宅配便が来て、ピンクの方が届きました。

 

もう一匹来ちゃったよ!

 

という衝撃は忘れられません。「っていうか宅配便頼むなら二匹とも送ってよ!なんで一匹持ち帰らせたんだよ!」とか、色んなツッコミが頭を駆け巡りました。

 

 

まとめ

ケーキとかお菓子類を含め、もっと色々なものを頂いたんですが、今回は特に印象に残った3つを紹介しました。

結局、今回のプレゼントで僕を感動させた要素は

  • 予想だにしないものであること(競馬のレース名)
  • すごくしっかり僕のことを考えていること(名刺入れ)
  • デカいこと、突っ込みどころ満載であること(熊のぬいぐるみ)

であると言えます。特に、最後のぬいぐるみを二個連続で送るのはかなりインパクトが強く、思わず爆笑してしまいました。

今度誕生日の友人を驚かせたい方、参考にしてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で堀元見@非日常クリエイターをフォローしよう!

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です